Infiworxインフィワークス

Infiworx
従来のマニュアルネットワーク運用における課題とInfiworxの利点

従来のマニュアルネットワーク運用における課題とInfiworxの利点

従来のマニュアルネットワーク運用 Infiworxなら
作業効率
  • 情報が散在している
  • 作業が細切れになっている
  • Excelベースでのアナログな管理
  • データの集約
  • 繰り返し使えるテンプレート
  • テンプレートのカスタマイズが可能
人的リソース
  • ヒューマンエラーの誘発
  • 専門性が必要
  • 生産性が低い
  • 手動作業の最小化、自動化の最大化
  • 専門性は要らない
時間
  • 長時間
  • 単調な繰り返し作業
  • 緊急時の手動でのロールバック
  • 作業時間を90%以上短縮
  • 繰り返し作業は自動化
データ連携
  • システム間でのデータ連携不可
  • 手動でのバックアップ
  • 作業者によるレポート作成
  • システム間でのデータの連携・共有が可能
  • 自動化されたバックアップ
  • データ、イベント、監査、コンプライアンスレポート

主な特徴

  • ネットワークデバイスの自動検出

    Infiworxは、SNMP(Simple Network Management Protocol)を利用して、ネットワークデバイスと定期的に通信し、ネットワーク全体のデバイスのインベントリを自動作成するディスカバリーツールです。マルチベンダー構成でかつ頻繁に変更作業が必要な大規模ネットワークの構成管理や自動化作業に最も適しています。
    IPアドレスやネットワークアドレスのリストとSNMPデバイスにアクセスするための認証情報を登録するだけで、ネットワーク上のデバイスを自動的に検出し、トポロジーを生成します。 ネットワーク上のデバイスのディスカバリー作業はアドホック(もしくはスケジュール)することができるので、新規で追加されたデバイスをいつでも検知可能となります。これらのオペレーションは作業時間を短縮することができ、全てのネットワークデバイスのデータを俯瞰的に管理可能となります。

  • ネットワークトポロジー

    新しいデバイスがネットワークに追加されるたびにネットワークトポロジーを更新することは、リソースやコスト面で大変な作業です。Infiworxを使って新たにネットワーク上にデバイスを検知したら、ダイナミックネットワークマッピング機能を使ってネットワークを簡単に可視化することができます。

  • ネットワークインベントリ

    検知されたネットワークデバイスの物理的、論理的なネットワーク、その構成、ステータス、デバイスが持つ機能に関する全ての情報を記録し管理することができます。
    また、使いやすい資産管理機能も備えているため、デバイスの棚卸などのビジネスプロセスの大幅な省力化を実現します。Infiworxは多数の導入実績がある最先端のネットワークリソースインベントリシステムです。

  • 統合構成管理(CMDB: Configuration Management Database)

    Infiworxの統合構成管理機能(CMDB)は、過去の構成情報の変更履歴を全て記録し、現在までの構成情報に一貫性をもたせることができます。
    また、設定情報のフレームワーク(テンプレート)が用意されているため、システム管理者はフレームワークを活用して保守作業をスクリプト化することができます。

  • OSアップグレードマネジメント

    Infiworxは、ネットワークデバイスのOSを自動的にアップグレードする機能を有しています。ネットワーク上で稼働しているネットワークデバイスのOSバージョンを管理し、サポート切れや脆弱性を有するOSのリストを作成することができます。また、バージョンアップが必要なデバイスに対して、更新スケジュールを自動作成することができます。 事前確認、アップグレード作業、事後確認を自動的に行い、サービスが正常に稼働しているかを自動的に確認します。

お客様の要件に応じた柔軟な展開のための10のモジュール

Discovery
Discovery

ネットワークのあらゆるデータを再認識。

Inventory
Inventory

ネットワークのあらゆるデータを取得し、データベースを構築。

Topology
Topology

ネットワークのあらゆるデータからネットワークのマッピングを行い完全な可視化を実現。

Planning
Planning

“NIP & NDD” ネットワークのあらゆるデータからネットワーク内での実施要件及び実行プランを自動的に設計。

Integration and Deployment
Integration and Deployment

ネットワークに 新たなデバイスを導入の際、自動的にネットワークポリシーをアップデートしその他導入に必要な作業を実施。また、デバイスのリプレイスの際には自動的にネットワークから不要情報を取り除きネットワークのリフレッシュを実施。

Configuration Management
Configuration Management
  • ネットワーク全体に向けたコンフィグレーションのバルクチェンジ機能を追加。
  • 全てのコンフィグレーションをバックアップ。
  • 全てのデバイスのコンフィグレーションのアップデート履歴を記録。
  • カスタマーが設定したテンプレートに沿ったネットワーク内コンプライアンスのチェックを実施。
  • ネットワーク内全体のデバイスのあらゆるトラブルをチェックするためのコンフィグレーションスニペットの監査を実施。
IOS Upgrade
IOS Upgrade

“ネットワークの全てのデバイスをアップデートする際の作業者の負荷を解消する”

  • 1台のPCからネットワークの全てのデバイスにアップデート。
  • ソフトウェアのバージョン管理、アップデートのスケジューリング、ソフトウェアのダウンロードを実施。
  • プレ/ポストチェックによるスムーズなアップグレードの実現。
  • ログの監視とレポートの作成。
  • 一括してアップグレードをスケジューリング。
  • デバイスから不要なファイルを削除して容量を確保。
Audit & Compliance
Audit & Compliance

“ネットワーク上の全てのデバイスの設定を監査し、コンプライアンスに従って健全性を維持する”

  • 監査レポートの作成。
  • ネットワーク上の全てのデバイスの設定を事前チェック。
  • ネットワーク上の欠陥のあるデバイスの設定を修正。
  • ネットワーク上の全てのデバイスの設定をポストチェック。
  • ネットワーク上の欠陥のあるデバイスの設定修正を報告。
Configuration Diff
Configuration Diff

“異なるバージョンまたは異なる履歴を持つアーカイブを比較することで、同じデバイスのコンフィグレーションの違いを可視化する”

  • ネットワーク上の全てのデバイスに追加されたコンフィグレーションの行と削除された行の違いをまとめて表示。
  • ネットワーク上の全てのデバイスに追加されたコンフィグレーションの行と削除された行を色分けして表示。
  • コンフィグレーションの変更履歴から作業者を特定。
  • アラート発生時は作業者へ向けて通知メールを発信。
    ※ネットワーク上の全てのデバイスの最後のコンフィグレーションの設定を最大20個まで保存可能
    ※同一機器の任意の2バージョンのコンフィグレーションをアーカイブから比較可能
Operations
Operations

“運用管理やシステム修復のために、ネットワークのオペレーションチームに関連データ送信する“

  • ネットワーク上の全てのデバイスのIPアドレスを管理。
  • ネットワーク上の全てのデバイスのデータを収集。
  • ネットワークの帯域幅の監視。
  • プロキシサーバの監視。
  • ISE/ACSサービスの監視。

その他の製品