Security Dashboardセキュリティー・ダッシュボード

MDR

独占販売代理店契約を締結しているKloudynet社*1が提供している、最高情報セキュリティー責任者用Webベースのプラットフォームと、セキュリティー管理者向けのダッシュボードによるIntelligent Automation*2は、すべてのセキュリティー製品と複数のクラウド・プラットフォーム(Azure、AWS、GCP)、および組織のセキュリティー・システムを隅々まで可視化します。

企業と個人のネットワークの境界線は失われつつあり、リモートワークが新常態となりました。脅威環境はより複雑になり、これに対応するためには、より高度なサイバーセキュリティー技術が必要となります。お客様をあらゆるサイバー攻撃から守るため、包括的に脅威を監視し、レスポンスを提供します。

      

*1 Azure、サイバーセキュリティーのエキスパートであり、マイクロソフト社のゴールド・パートナー。在マレーシア。       

*2 事業プロセス自動化技術とAIを組み合わせて、ビジネスを高度に自動化させる仕組み。      

クラウド・セキュリティーの課題

クラウド・セキュリティーの課題

すべてのセキュリティーに対する脅威検出とソリューションを一括で管理できるサービスの明確なニーズを発見しました。

最高情報セキュリティー責任者の悩み

複数のセキュリティー・ツールによる脅威検出を統合して検知するには?

  • 課題の数々

    最高情報セキュリティー責任者とセキュリティー管理者が、セキュリティー状況を把握できるよう、複雑な攻撃を明確に可視化するには?キル・チェーン*3上を進行する過程を分かりやすく表示するには?

    *3 標的型サイバー攻撃を行う攻撃者の行動を7つのステップに分解したもの。              

    進行中の攻撃をブロックための応答機能を自動化するには?

    最新の攻撃を特定するための解析を実行するには?

    ビジネス資産への重大な攻撃に基づいて、高度なスキルを持つセキュリティー担当者への報告・対応の頻度を削減させ、セキュリティー上の脅威/警告の優先順位付けを行うには?

    データとシステムがデータ主権の規制要件を満たすためには?

    私たちの答え

    私たちの答え

    XDR*4、SIEM*5と、SOC*6は、これらの問題に対する最適なソリューションです。これらは、攻撃方法の可視化と、多くの情報を関連付けることができる高度な解析能力を備えています。これらはXDRとSIEMが自動的に攻撃をブロックし、使用しているすべてのシステムのルールを自動的します。 XDRとSOCを用いたソリューションにより、お客様が攻撃を迅速に検出することを可能にし、自動修復による攻撃への防御を実現いたします。

    *4 Extended Detection and Responses

    *5 Security Information and Event Management  

    *6 Security Operation Center

    セキュリティー・ダッシュボードのメリット

    投資収益率の最大化

    完全に管理されたサービス提供により、社内運用コストを削減。

    一元管理画面

    最高情報セキュリティー責任者用Webベースのプラットフォームは、お客様の使用するすべてのシステムのセキュリティー情報を表示。

    データの所有権

    データとセキュリティーの警告は、顧客のクラウド環境にとどまる。

    自動化

    最適化されたプレイブックによる高度な自動検出と応答を実行。

    連携が取れていない
    データの統合

    すべてのセキュリティー・データをひとつのソリューションに統合。

    複雑さの軽減

    組み込みのMLとAIを使用し、アラートから不要なセキュリティー情報を除去。

    迅速でシームレスな展開

    XDRとSIEMのスペシャルサポートを提供。



    お客様のニーズに合わせた2つのプラン

    特徴 基本プラン プレミアムプラン
    検出と対応(重大インシデントは1時間のSLA)

    脅威からの修復

    基本的な脅威ハンティング

    Microsoft XDRの展開

    基本的なプレイブック・ライブラリ

    基本的なデータコネクタのテスト導入

    監視と分析(24時間365日体制)

    最高情報セキュリティー責任者用ダッシュボード

    インシデントへの最適な応答と対応のプレイブック

    最適な脅威インテリジェンス

    高度なデータコネクタのテスト導入

    スペシャル・サポートサービス